京華

This topic contains 0件の返信, has 1件の返信, and was last updated by  京華 3 年 2 ヶ月前.

1件の投稿を表示中 - 1件目から 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2883

    京華
    参加者

    「心の回帰点」

    甦った
    過去の記憶の狭間で
    泣いていた
    子の姿に
    私の涙も重なる

    泣きじゃくる
    声に
    胸が詰まる
    そっと静かに
    抱き寄せる

    しがみついては
    笑う
    子の温もりに
    同化していく
    胸の鼓動

    かくれんぼ
    繰り返しながら
    少しずつ変わる
    声色に
    耳を澄ます

    いくつもの
    紙片
    ちりばめられて
    小さなひとりごとが
    そこここに

    崩れたリズム
    取り戻すことに
    懸命になりながら
    生じるディレンマと
    闘う

    寝返りうつのも
    はいはいするのも
    はじめは
    大変だったこと
    忘れてた

    身体の疲れとともに
    思い出す
    過去の痛み
    不安に囚われ生じる
    葛藤と苦しみ

    紅い絨毯が
    敷き詰められた
    部屋で
    過ごした時間と
    温もりの影

    身体を動かすのが
    困難だった頃
    側にいた
    子の
    あたたかみ

    錦絵のごとく
    舞う
    木々のゆらめき
    瞼の
    奥深くに

    胸が張り裂けそうな
    思い
    愛するゆえの
    苦しみに
    心が走りだす

    冷え冷えとした
    夜空に
    煌々と 白く
    月の光が
    澄んでいく

    眠っている子の
    すやすやとした
    寝息にふれ
    心の波長が
    和らいでいく

    校門に向かって
    走る子の姿が
    少しずつ
    生き生きとして
    学生の群れに混じる

    空に向かって
    揺れる
    白い化身
    透き通るような枝先
    蒼に映えて

    *****
    ※月刊『五行歌』2007年11月号 掲載作品

    • This topic was modified 3 年 2 ヶ月前 by  京華.
1件の投稿を表示中 - 1件目から 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインしてください。