傘の巻き

新着状況 フォーラム 連句 傘の巻き

This topic contains 39件の返信, has 4件の返信, and was last updated by  mariko sumikura 4 年前.

30件の投稿を表示中 - 1件目から 30件目 (全40件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2514

    taeko
    参加者

    1忘れ傘 たまる貯まるの 雨上がり 上村多恵子

    又、再開します。梅雨の晴れ間ですが、湿り気強し。

    #2515

    mariko sumikura
    キーマスター

    2 紫陽花見やり 深呼吸する  すみくらまりこ
    雨があがったら、つぎの雨までにお買い物。花粉も黄砂もないので空気がきれいです。

    #2516

    taeko
    参加者

    3 移り気な その花言葉 ああ無情 上村多恵子

    紫陽花の花言葉は、似つかわしくないでしょうか?
    あまりにも、似つかわしくあり過ぎますでしょうか?

    #2517

    mariko sumikura
    キーマスター

    4 有情の恋の 香りがあれば  すみくらまりこ
    花とみえるのは、萼(うてな)が発達したものらしいですね。

    #2520

    taeko
    参加者

    5忍び寄る その白檀の衣(びゃくだんのい) 待ちし君  上村多恵子
    香りを乗せて、御簾のl影から 待ち人か? 

    #2522

    mariko sumikura
    キーマスター

    6  人目をしのび 雨にまぎれて  すみくらまりこ
    雨ならば傘を差して目立たぬように恋人を訪ねることができますね。 

    #2524

    masuda mayumi
    参加者

    7 出水川 覗けば少し 眩暈する  増田まゆみ

    #2525

    mariko sumikura
    キーマスター

    8  ごりやめだかは どこに潜むか   すみくらまりこ
    いつも思うのです、濁流でみな海まで流されないかと。必死に辛抱してどこか潜んでいるのでしょう。
    河川改修と自然保護は二律背反なんですよね。  

    #2526

    下田喜久美
    参加者

    9 梅雨の庭松に登りし子猫の眼 下田喜久美

    冒険好きの猫はねだって外に飛び出し、雨の降るのに松の枝からこちらをう窩がっています。
    地球を知ったばかりの初々しさが、、、

    #2527

    mariko sumikura
    キーマスター

    10 じぶんの尻尾 動くもおそれ  すみくらまりこ
    何もかも怖い子猫は、動く影も、自分の尻尾にもピクッとします。
     

    #2532

    下田喜久美
    参加者

    11 猫歩き 遠くに伸びて名前呼ぶ 下田喜久美

    人間のいるところに来る子猫ですが冒険も大好き、時には遠くに行くのですね、少しずつ行動半径が広がってゆきます。
    突然に来て、いつ別れるか判らない、そんな愛別離苦を、覚悟して絆が増してゆきます。

    #2535

    mariko sumikura
    キーマスター

    12 梅雨の晴れ間に すること多し すみくらまりこ

    #2543

    masuda mayumi
    参加者

    13 ルーヴル展 日傘回して いそいそと  増田まゆみ

    #2544

    mariko sumikura
    キーマスター

    14 フランスの夢 大鳥居に醒め   すみくらまりこ
    美術館のなかはまるでフランス。酔って出てくれば朱塗りの大きな鳥居が。すっかりと現実に戻ってしまいます。

    #2545

    masuda mayumi
    参加者

    15 鉾立や 会所に並ぶ ヘルメット  増田まゆみ

    #2546

    mariko sumikura
    キーマスター

    16 綱引く子供 手足やはらか   すみくらまりこ
    曳きぞめには鉾町内の子供達も並んで綱をひっぱります。こんないたいけな子供も、やがて立派に鉾を組み立て、動かします。
    京都の連綿とした、ゆっくりと輪が回るような、世代交代がこんな光景にもみられます。

    #2547

    taeko
    参加者

    17 傘鉾が京の暑さに影つくり  上村多恵子
    日影をつくるほど開いていませんですが、まあ気持ちだけでも

    #2552

    mariko sumikura
    キーマスター

    18 花枝揺れて 路上に踊る     すみくらまりこ
    傘鉾には飾り花 その枝が動くたびに揺れています。道には濃い影が・・・

    #2555

    masuda mayumi
    参加者

    19 避暑の宿 森の小道の 秘密めく  増田まゆみ

    #2556

    mariko sumikura
    キーマスター

    20  電波とどかず 新聞も来ず  すみくらまりこ
    バカンスにも仕事を持ち込みたくなるビジネスマン。せっかくの時間を「なにもしない贅沢な」時間にしましょう。

    #2559

    下田喜久美
    参加者

    21 サミットで光当たるか賢島  下田喜久美

    斧峠も光が当たりましょうか?第二の避暑地といったけれど、山はそのままさびれています。   

    #2560

    mariko sumikura
    キーマスター

    22 叡智の真珠 混迷の糸  すみくらまりこ
    各国の面子が水面下でうごめくサミット。とくに経済不安を警戒しての会議でしょう。

    #2562

    taeko
    参加者

    23 縦と横 織り成すみゆき 中島や 上村多恵子
    中島みゆきの 糸という唄に連想しました。 縦の糸はあなた 横の糸は私 ーーー。

    #2563

    mariko sumikura
    キーマスター

    24 愛し裏糸 恋の爪織  すみくらまりこ
    爪織綴れは京都の高級織物。恋する乙女は、物思いながら刺繍などした良き時代。いまはスマホで足りるみたいです。  

    #2564

    masuda mayumi
    参加者

    25 大君に 御蓋をそっと 差し掛けて  増田まゆみ

    #2565

    mariko sumikura
    キーマスター

    26 虹立つ叡山(やま)に 御無事を祈る   すみくらまりこ
    平安貴族の旅もようをイメージしました。残る人々の思い。

    #2566

    下田喜久美
    参加者

    27 九度山をいでし幸村歴史は動く 下田喜久美

    戦いのうまい真田幸村が監視厳しい中、うまく九度山を抜けたこと
    秀吉に恩を忘れず、最後まで加担して武士の節を曲げない志に生きる。
    トップの指揮者の人柄で、決まってしまった未来。彼の作戦を用いない大阪方、
    残念でした。

    #2567

    下田喜久美
    参加者

    27 高き鉾 払いと幸と雅を奏で  下田喜久美

    27の分を書き直しました。お願いします。

    #2568

    mariko sumikura
    キーマスター

    28  神の御業ぞ 風雨止みたり   すみくらまりこ
    台風11号のなか、その時間だけは小止みでした。その後は豪雨。鴨川が溢れそうになりました。
     

    #2569

    taeko
    参加者

    29 天よりの 御加護祷りし あと祭 上村多恵子

    神様に祗園祭のあと祭も守ってほしいところです。

30件の投稿を表示中 - 1件目から 30件目 (全40件中)

このトピックに返信するにはログインしてください。