タニウチヒロシ

新着状況 フォーラム た行の会員 タニウチヒロシ

This topic contains 6件の返信, has 2件の返信, and was last updated by  mariko sumikura 5 年 2 ヶ月前.

7件の投稿を表示中 - 1件目から 7件目 (全7件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1357

    習作その1

    [A Stranger]

    I have jumped over so many small hours and meridian lines
    In the middle of shallow sleep
    The sun of this country
    Begins to rise
    From across the glass windows
    I don’t know how to say good morning in this country
    When I look around for a word of greetings
    The color of orange
    Is melting into the senses of dazzle
    Is melting with the hesitation
    In the middle of long trip
    I was greeted
    In this first morning

    【異邦人】

    いくつもの夜更けと子午線を飛び越えた
    浅い眠りの途中
    ガラス窓の向こうから
    この国の太陽が
    昇り始める
    この国のおはようも知らなくて
    掛ける言葉をあちこち探してみれば
    オレンジ色が
    眩しさの五感に溶けていく
    ためらいとともに溶けていく
    先の長い旅の途中
    わたしは迎えられた
    はじめての朝に迎えられた

    • This topic was modified 5 年 4 ヶ月前 by  mariko sumikura. Reason: トピックス変更
    #1487

    mariko sumikura
    キーマスター

    習作その2

    [15 August]

    That day
    Of the despair lasting forever
    It had come to the end
    I was born after that day
    I am alive after that day

    This day
    Sound of rain resonates into the back of my heart
    Sorrow is empty and full of holes
    Though deflated or inflated
    I cannot shed a teardrop

    This day
    Praying its end, and not to be over
    Hoping its end, and not to make it end
    Promising its end, and not to let it end
    Even if I cannot find the way to shed

    【八月十五日】

    あの日
    永遠に続いた絶望の
    終わりを告げた
    あの日のあとに産まれて
    あの日のあとに生きている

    この日
    雨音が心音の奥まで響く
    哀しみは空っぽの穴だらけ
    膨らんでも萎んでも
    涙のひとつも流せずに

    この日
    祈るのは終わること、そして終わらないこと
    願うのは終わること、そして終わらせないこと
    契るのは終わること、そして終わらさないこと
    涙の流し方を知らなくても
    (2014年8月15日)

    #1600

    [rain shadow]

    Were it here a place with no bond
    It would have escaped with no waver
    Surrounded by the rain fence without tie or link
    In the middle of summer’s intense shower
    A shadow standing is still struck
    It can breathe only in the water

    and it is quaking

    That is because
    Of Cold
    Of Poverty
    Of Weak
    Of Misery
    Or
    Of Oblivion
    That cannot focus on the dearest
    (1,SEP,2014)

    【雨影】

    もしここが柵(しがらみ)のない場所だったら
    迷わず逃げ出しただろう
    縁も所縁もない、雨の柵(さく)に囲まれて
    夏の激しい夕立
    水の中でしか息ができない
    その真ん中で打たれ続ける屹立が

    震えている

    それは
    寒さの
    貧しさの
    弱さの
    惨めさのせい
    それとも
    大切な人に焦点を合わせられない
    忘却のせい
    (2014年9月1日)

    #1752

    【魔法の箱】

    その箱に
    言葉を埋葬すれば
    窓の向こうがわ
    鳥の飛ばない
    魚の泳がない
    無限の空
    開闢の海

    また今日も誰かが
    その箱に
    沈める
    いつかすべての名前が
    埋められて
    溢れた海から
    わたしの知らないわたしが
    じぶんの知らないじぶんが
    みんなの知らないみんなが
    生まれる
    だろう

    新しく消えるために
    (2014年9月29日)

    [Magic box]

    If into the box
    You bury a word
    The other side of the window
    No birds fly
    No fishes swim
    In the infinite sky
    In the sea of origin

    Also today someone may
    Submerge it
    Into the box
    One day all of our names
    Is immersed
    From the overflowing sea
    Me whom I don’t know,
    Yourself whom you don’t know,
    Everyone whom everybody don’t know
    Will be
    born

    In order to disappear anew
    (29,sep,2014)

    #1756

    mariko sumikura
    キーマスター

    習作その3

    [15 August]

    That day
    Of the despair lasting forever
    It had come to the end
    I was born after that day
    I am alive after that day

    This day
    Sound of rain resonates into the back of my heart
    Sorrow is empty and full of holes
    Though deflated or inflated
    I cannot shed a teardrop

    This day
    Praying its end, and not to be over
    Hoping its end, and not to make it end
    Promising its end, and not to let it end
    Even if I cannot find the way to shed

    【八月十五日】

    あの日
    永遠に続いた絶望の
    終わりを告げた
    あの日のあとに産まれて
    あの日のあとに生きている

    この日
    雨音が心音の奥まで響く
    哀しみは空っぽの穴だらけ
    膨らんでも萎んでも
    涙のひとつも流せずに

    この日
    祈るのは終わること、そして終わらないこと
    願うのは終わること、そして終わらせないこと
    契るのは終わること、そして終わらさないこと
    涙の流し方を知らなくても
    (2014年8月15日)

    #1757

    mariko sumikura
    キーマスター

    習作その4

    [rain shadow]

    Were it here a place with no bond
    It would have escaped with no waver
    Surrounded by the rain fence without tie or link
    In the middle of summer’s intense shower
    A shadow standing is still struck
    It can breathe only in the water

    and it is quaking

    That is because
    Of Cold
    Of Poverty
    Of Weak
    Of Misery
    Or
    Of Oblivion
    That cannot focus on the dearest
    (1,SEP,2014)

    【雨影】

    もしここが柵(しがらみ)のない場所だったら
    迷わず逃げ出しただろう
    縁も所縁もない、雨の柵(さく)に囲まれて
    夏の激しい夕立
    水の中でしか息ができない
    その真ん中で打たれ続ける屹立が

    震えている

    それは
    寒さの
    貧しさの
    弱さの
    惨めさのせい
    それとも
    大切な人に焦点を合わせられない
    忘却のせい
    (2014年9月1日)

    #1758

    mariko sumikura
    キーマスター

    【魔法の箱】

    その箱に
    言葉を埋葬すれば
    窓の向こうがわ
    鳥の飛ばない
    魚の泳がない
    無限の空
    開闢の海

    また今日も誰かが
    その箱に
    沈める
    いつかすべての名前が
    埋められて
    溢れた海から
    わたしの知らないわたしが
    じぶんの知らないじぶんが
    みんなの知らないみんなが
    生まれる
    だろう

    新しく消えるために
    (2014年9月29日)

    [Magic box]

    If into the box
    You bury a word
    The other side of the window
    No birds fly
    No fishes swim
    In the infinite sky
    In the sea of origin

    Also today someone may
    Submerge it
    Into the box
    One day all of our names
    Is immersed
    From the overflowing sea
    Me whom I don’t know,
    Yourself whom you don’t know,
    Everyone whom everybody don’t know
    Will be
    born

    In order to disappear anew
    (29,sep,2014)

7件の投稿を表示中 - 1件目から 7件目 (全7件中)

このトピックに返信するにはログインしてください。